「外部経済」、「外部不経済」の概念を理解しよう!

皆さんは「外部経済」、「外部不経済」という言葉を知っているでしょうか?現在市場経済における新たな概念として重要視されつつある言葉なのです。
資本主義が発達して市場経済が世界を動かすようになったこの時代に、不都合なことが起こり始めています。全てを市場に任せてしまうと、重要な産業が衰退してしまったり、地域間での経済的な貧富の差が大きくなってしまったりしているのです。アメリカの状況を見てみるとすぐにわかると思います。そのような「市場の失敗」を是正するための概念が「外部経済」、「外部不経済」なのです。どのようなものなのか、解説していきたいと思います。

言葉の意味
外部経済とは、市場においてお金に換算されない利益のことを言います。例えば田んぼで稲を作ることで農家は収益を上げますが、田んぼを維持することによってそこの生態系が保全されたり、美しい景観が保たれたりすることで、周りの人にも利益がもたらされます。これが外部経済の一例です。
外部不経済とは、お金に換算されない不利益のことを言います。例えば工場から廃棄物が川に流されると、近隣住民が病気になり不利益を被ることがあります。これが外部不経済の一例です。

今までの状況とこれからの活用法
今までそのような市場に直接出ない利益、不利益は考えられてきませんでした。しかしその結果、人々に与えている利益に見合う利益を得ることができない人が出てきたり、周りに与える不利益を顧みない人が出てきたりして不都合なことが多く起こりました。
そこで、これからはそのような価値をお金に換算して、市場に反映させようという動きが出てきています。例えば、様々な利益を提供してくれる農家にはそれに見合う補助金を出すことで、農業の衰退を防ごうとしています。また、環境に負荷を与えるような事業を行う業者からは、税金を取るような動きが出てきているのです。今後このようなケースは増えてくるはずなので、お金の流れを把握したい人はぜひ覚えておきましょう。

武蔵境 賃貸 安い

山口県や福岡県といった北九州地方の離婚に関する問題は当事務所がサポート致します

利用規約や個人情報保護法などの法律に関わる書類を作るのって難しい。

ページ一覧